ずっと前からあった項目なのニャ。
でも誰も気づいていないニャ。
しかもどうでもいいことばかりなのニャ。
我が相棒あいね







めいぽざひすてりぃー
(メイプルストーリーについてちょっと考えてみました。)








○実は真相が隠されている?手下達

人間系統である彼らは古風の村、「ショーワ村」近辺に出現する。
「手下」は一番下級であり、
この手下Aも人間系統の中でも弱い部類に入る。
それでいても、手下Aの所持している木刀で叩かれるとけっこうなダメージを受ける。
彼の年齢は不詳だが、この顔つきと所持している「バッヂ」を見ても、
中学生〜高校生という事が伺える。
あと、所持している金額が同レベルモンスターを比べても多少少ない。
さらにBやCも所持金額が少ない。
そこにはやはり、「裏通り」の背景ともなっている、民家の数々が物語っている気がしてならない。
この民家を見ても、「お金持ち」というイメージは沸かないだろう。
お小遣いの少なさに怒りを隠せなくて、こういうような部類に入っていってしまったのかもしれない。
でも影では親孝行をしている、良い心の持ち主かもしれないが、
それは「手下」である彼らのみ知る・・・。



○紅一点の手下D

手下では紅一点の手下D。
彼女の所持しているナイフはギザギザでかなり鋭利である。
これで切りつけられるとかなりのダメージを受けてしまう。
「姉御」と言い、「亭主関白」と言われてなくなってきた理由もよくわかる。
彼女は手下は疎か、幹部よりも強い。
それなのになぜ手下なのかはよくわからないが、
まだこの「手下D」が出現してままならないので、
その実力をまだ認められていないのかも知れない。



○意外とチャーミングな幹部達

幹部。
聞いてわかるであろうが、手下よりも格上である。
持っているものも強力な物になっており、
風格もとても強そうになっている。
幹部Aは刀での切り込み。
幹部Bは拳銃での発砲を得意としている。
その上、幹部Bは近距離になると拳銃を振り回してくる凶暴さ。
裏通りに来た際には近づきたくない彼らであるが、
彼らは意外と温厚な性格なのかも知れない。
それはなぜかと言うと、幹部Aはやられる時に「バカァー」と言う声を発したり、
幹部Bは「お守り」を持っていたりと、その外見からはあまり想像できない事がある。
このようにちょっとチャーミングな一面を持っていると見られる幹部ら二人。
実は手下にはとても優しい性格なのかも知れない・・・。



○意外と苦労してます!キノコ一族

この「メイプルストーリー」に欠かせないマスコット・キャラクターである、「メイプルキノコ」。
とてもかわいらしいのだが、出会い始めである場合は十分に注意したい。
その巨体で押しつぶされると、けっこうなダメージを受けるために、
負傷する冒険者達が多いのだ。
キノコ一族には
メイプルキノコ、緑キノコ、青キノコ、ゾンビキノコ、ママシュ・・・。
など色々な種類がある。
ここで注目していただきたいのが、ゾンビキノコ。
ゾンビと言えば、一度死んだはずの者が復活して襲い掛かってくる。
という様々なゲームで見かけるものである。
ということはやはり死んでしまった「メイプルキノコ」が冥界などの別に次元に連れて行かれ、
この「ゾンビキノコ」となって復活したのであろうか。
この事実を物語っているのは「ヒールが効く」ということと「ダンジョン内という光の届かない場所にいる」
の2点だろう。
やはり、この2点を見てもとても「メイプルキノコ」がきぐるみを着ているとは思えない。
外見とは裏腹に「メイプルキノコ」は苦労している種族の一つなのかも知れない。



○地獄の門番 タウロマシスとタウロスピアー

貴方はダンジョンの奥底には訪れたことがあるだろうか?
ダンジョンの奥底には「呪われた神殿」と言う神殿があり、
ここには「ジュニアバルログ」と言う凶暴なモンスターが生息しており、
非常に危険な地帯となっている。
その前の神殿にも「タウロマシス」と「タウロスピアー」と言うモンスターがいる。
「タウロマシス」が赤色、「タウロスピアー」が青色と対照的に色を持つ彼らには、
何か隠されている秘密がありそうである。
常に横を見ている彼らなので、プレイヤー側には一切顔を見せてくれない。
もしかしたら、顔に何かが隠されているのかもしれない。



○寒くて滑るエルナス地方


エルナス地方は寒くてHPが一時的に減り、つるつる滑る地形がある。
HPの方は「小豆粥」と言うアイテムで無効にでき、
地形の方は「アイゼン」と言う靴で無効が可能だ。
しかし「小豆粥」(あずきかゆ)で相当寒い地方での寒さを5分も持つのだろうか??
「小豆粥」は「邪気払い」に食べることもあるらしいが、
凶暴なモンスターが多く生息するエルナス地方では「邪気払い」は必須だと言えるし、
やはり温かい小豆粥を食べれば何より心から温かくなるのだろう。
もう一つは「アイゼン」。
この靴は各職業事に売っており、しかし残念ながら初心者専用のアイゼンは販売されていない。
それでも「戦士」「魔法使い」「弓使い」「盗賊」と4つのアイゼンが売っている。
当然の事ながら、魔法使いが戦士のアイゼンを、と言うのは不可能だ。
つるつる滑る地形対策にアイゼンは必須アイテムだ。
アイゼンがあれば、滑ることもないのだ。
「アイゼン」と言うのは登山用の靴。
「メイプルストーリー」での活用方と同じで雪や氷などの「靴では滑ってしまう状況」で使用されるという。
これと同じで「メイプルストーリー」でも氷となってしまった地形での活用法が好ましいと見られる。
これはちょっとばかり関係のない話かもしれないが、
モンスターはなぜHPは減らない、滑らないのか?
ここに生息するモンスターは羽毛に覆われたモンスターやペンギンと寒さ対策バッチリと言えるし、
滑らない理由は普段歩きなれている地形で「慣れてしまった」と言える。
ただペンギンである「ペペ」と「ダークペペ」は表情が鬱らしさが表れているが、
やはり寒いのであろうか??
そこで走るときは険しい表情をするので、恐らく感情で誤魔化しているのだろう。





何これ?と思ったアナタはクリック